夜行バス料金比較してみた!

最も安い移動手段のひとつとしてウィラーなどの格安高速バスが知られていますがよくある往復料金でもっとお得に乗れたりもするのでしょうか。

サイトなどを調べてみますと同一区間で行き来するというケースでは割引対象となることもあるようです。

その適用にはバスでの出発前に行き帰り両方の乗車券を買っておかなくてはならないとのこと。

また路線によっては適用されないこともあるようなので会社を選ぶ際には前もって確認しておくと良いでしょう。

それぞれの料金設定はもとからかなり安めなので期待しすぎない方が良いかもしれませんね。

オリオンバスやVIPライナーみたいな格安高速バスを利用してみたいけどどうすればいいのかわからない...。

そんな人のために主な予約方法をいくつか挙げてみようと思います。

利便性が最も高いのがなんといってもネット。

席の状況がリアルタイムでわかり席の指定もしやすいですし実際乗るのはどんなバスなのかなども画像で確認することができて便利です。

それから電話でお願いすることもできます。

ネットより煩わしくないという人もいるかもしれませんね。

一部では窓口に行けば直接購入できたりコンビニの端末で購入できたりもします。

いろいろ選べるのはありがたいですよね。

長距離移動の最安値と考えるとまず真っ先にバスを思い浮かべる人は結構多いと思います。

調べたところ東京と大阪の移動で片道2000円ほどというあり得ないような価格を提示しているところも。

そしてどの路線においても移動中に適度な睡眠時間がとれるということでかえって時間を有効に使えると考えているビジネスマンもおられるとのこと。

時間的にはやはり新幹線や飛行機の数倍かかったりしますが料金の安さはそれを十分にカバーすると思います。

都合や目的に合わせて手段を選ぶのが一番ですね。

長時間の移動でどうしても気になってくるのがスマホやタブレットなどのバッテリー残量。

ことあるごとにあれこれといじっていると気づけば残りわずかになっていてびっくり!と焦ったことがある人は少なくないでしょう。

充電ができる乗り物には身近なところで新幹線がありますがなんと夜行バスにもコンセント付きで使えるものがあるそうなんです。

とある情報サイトでは特集が組まれるほどの人気ぶりでぜひ欲しい設備のひとつとなっているようです。

個々の座席に設置されているのも利用しやすくて嬉しいですね。

人数に関係なく女の人が長距離バスを利用して長旅をする際に防犯的な面を気にするという人は少なくないでしょう。

加えてリラックスした状態で乗りたい人がほとんどでしょうからできれば男性の目は気にせずのびのび過ごしたいというのが本音なのではないでしょうか。

そんなときに重宝するのが女性専用で利用できる車両です。

ひとつの車両でエリア分けされているものなどもありますがバスの中全員女の人というのは気楽さが違います。

いろいろ選べるのは嬉しいですよね。

旅行に夜行バスを使うその利点と言えば、まず夜間の移動が可能なので例として出発日の夕方まで仕事をしたとしても移動中を睡眠時間とすれば目的地に着いた朝早くから動けるといった時間を無駄なく上手に利用することが可能という点が挙げられるでしょう。

極端な話2泊車中泊とすれば間の一日全部を観光に使えるのです。

またやはり料金の安さはほかと比べても目を見張るものがあります。

実際の移動距離からすれば格安の料金設定にびっくりするのではないでしょうか。

そう考えると手軽な旅の手段として使いやすいですね。

仕事で急な出張が入るなどして突然長距離の移動をすることになったときに乗車日当日の夜行バスでも乗ることはできるのでしょうか?いろいろな会社を調査しましたところバスに席があればその日の予約も受け入れてくれるというところも。

夜行バスでは特に乗れる可能性が高いようなので情報がまとめてあるサイトなどを活用して探してみると良いと思います。

条件をゆるめにすればなお見つかりやすいでしょう。

しかしそうは言ってもきちんと予約を取っていなければ乗るのは無理ですので忙しくとも事前にとっておきましょう。

夜行バスの乗車券はどうすれば手に入るのか?とお思いの方のために予約の仕方をご説明したいと思います。

やはり一番便利にとるならネットからでしょう。

リアルタイムで席の確認や指定ができたりしますし実際の乗車バスの画像を確認できたりもするので良いですね。

また電話からという手段もあります。

この方法なら不明瞭な点も聞けるのでその点良いと思います。

一部では窓口に行けば直接購入できたりコンビニ端末を利用できたりするところもあるのだとか。

自分が利用したい会社について確認してから購入しましょう。

東京大阪間は夜行バスがよく走っている区間の一つと言えるでしょう。

移動時間は長いですが5000円から8000円くらいの格安料金がほとんどです。

この区間で別の移動手段を使うとすると新幹線でなら時間は3時間かかり費用は大体15000円くらいになります。

飛行機なら飛行時間は1時間強と早いですが気になるのは一万円以上かかる費用と空港までの移動です。

こうして比べてみると費用面でのメリットが大きいのがバスでしょう。

もちろん場合によってお金以外の面を優先することもあるでしょうし希望や利用目的をはっきりさせて選ぶことをおすすめします。

最も安い移動手段のひとつとして夜行バスが知られていますがそれにさらに加えて往復料金などもあるのでしょうか。

調べましたところ行きと帰りで同一区間である場合にはさらに格安で乗車できるようなのです。

その適用にはバスでの出発前に行きと帰りの分をまとめて事前購入しなければならないそうです。

中には割引をしていない路線もあるとのことなので会社を選ぶ際には前もって確認しておくと良いでしょう。

もとからかなりお安い料金設定なので割引がなくてもがっかりすることはありませんよ。

ネットで見られる夜行バスランキングでよく見かける会社に関する評判などを比較してみたいと思います。

特に夜行バスがよく運行されているというVIPライナーですがサービスの独自性や車内設備の充実度が評価されている点のようです。

引用:夜行バスキャンセル料は?必ずチェック!【キャンセル連絡しなかったら?】

そしてかなり安めの料金設定だというサンシャインツアーですがパックツアーも充実しているので利用者に選ばれているようです。

またぱっと目につくピンクのバスが目印のWILLEREXPRESSは選択肢が豊富で細やかな心配りが人気のようです。

いろいろな理由からそれぞれ評価を得ていますが特に安全管理について真剣に取り組んでいるところが良いでしょう。

旅行での移動は乗り物酔いしやすい人にとって気が重い部分でもあります。

楽しみな旅行ですから自分も周りもできる限り快適に過ごしたいですよね。

バスでの長距離移動となると自分のグループ以外の人もいますし気分が悪くなったときに対処しにくいので困りますよね。

そこでネットにある車酔いしないためのコツを数点挙げてみます。

まず乗る前の準備として食事をするならあっさり系のものを腹8分目程度に、乗り物酔いの薬も効果的です。

服装は特にお腹をしめつけないくつろいだものが良いです。

持ち込む飲み物は炭酸水が良いと思います。

景色を見る場合はできるだけ遠くを眺めましょう。

電車や路線バスには大体お得な回数券があり例えば10回乗れる分の金額で11回乗れたりするのですがこのシステムはただでさえ格安の夜行バスにも存在するのでしょうか。

調べたところない路線もあるのですがシステム自体はあるようです。

同じ路線を何度も使う予定があるという人は手に入れないのはもったいないと思います。

ただしそれぞれには有効期限があったり6枚などの数枚つづりだったりするので計画的に使いきれるよう予定をたてましょう。

購入前に払い戻しについても調べておくと良いと思います。

情報をまとめたサイトを見てもディズニーランド行きの夜行バスの人気は抜群のようです。

全国からファンが集まるテーマパークですから毎日のようにバスが発着しているのも頷けます。

渋滞などがなければ大体現地に到着するのは開園時間の前なのでパークの営業時間をすべて思う存分満喫できます。

さらに移動費が安いのでその分パーク内で食事やおやつを味わったりお土産を増やしたりもでき、余った分を貯めて訪れる回数を増やせるかもしれないのです。

利用者が絶えない理由がなんとなくわかるような気がしますね。