国が学びたい学生のために融資をしている教育ローンをご存知ですか?国の教育ローンは日本政策金融公庫(財務省所管の特殊会社)が取り扱っています。

教育一般貸付という名称で、最高350万円(海外留学資金の場合は最高450万円)まで借り入れることができます。

金利はわずか年1.76%と低く設定されているほか固定金利なので安心して利用することができます。

子供の人数や保護者の年収(所得)によって利用可能な年収の上限額が変わってきます。

使途は民間の融資機関よりも幅広く修学旅行費用や、学生の国民年金保険料などにも使うことができます。

高校生の学費は安いと思っている方もいるかもしれませんが、私立なら年間70万円以上もかかります。

学費が払えない場合どのようなことになるか?最悪の場合、除籍や退学をさせられてしまいます。

高校は教育機関ですから、すぐに除籍になることはなく一定の猶予期間が与えられますが3か月以上滞納してしまうと、除籍もしくは退学という道を選ばざるを得ないかもしれません。

学費が滞っている時の解決策は借金になりますが借入先は慎重に選ぶことが大切です。

教育一般貸付(国の教育ローン)なら低所得者の方のための教育ローンですので安心して借りることができます。

教育ローンを比較するのであればランキングサイトがオススメです。

金融機関に出向いたり資料請求する必要もありません。

金利や借入可能額など知りたい情報は一覧表になっているため、比較も簡単です。

ランキングサイトには、来店の有無やローンのお勧めポイントが掲載されているサイトもあります。

わざわざ検索しなくても、銀行のHPへ飛べるようにリンクが貼られていることが多いのでとても便利です。

教育ローンが借りれないという人はどういう方が該当するでしょうか。

きっと何かしらの原因があるのではないかと思います。

まず、働いていなければなりませんから無職や年金受給者は融資を受けることができません。

正社員である必要はありませんが安定した収入を得ている証明が必要となります。

非正規雇用の場合は最低でも2年以上の勤続年数が必要です。

また、年収も200万円以下の場合は審査には通らない可能性が大きいでしょう。

奨学と教育ローンの違いは何でしょう?教育ローンと奨学金は教育に関する借金と言う点では同じかもしれませんがそれぞれ内容は異なります。

教育ローンというのは借主は保護者となりますが奨学金は学生である本人に貸し付けられるものです。

借り方にも違いがあり、教育ローンは一括で振り込まれるのですが奨学金は毎月ごとに定額で振込まれるのが基本です。

利息についても両者には違いがあり、教育ローンは借りた日の翌日から発生するのですが、奨学金は在学中には利息が発生しないのです。

返済開始の時期は教育ローンは借りた翌月から始まりますが奨学金の返済は卒業後から開始となります。

教育ローンという入学金などを有してくれるローンを提供している金融機関は銀行や信販会社などたくさんあります。

その中で特におすすめなのは教育一般貸付という日本政策金融公庫が提供する国の教育ローンです。

最高融資額は350万円となり銀行などと比べると少なめですが、年利1.76%の固定金利なので安心です。

大学や高校のみならず専門学校や各種学校など幅広く対応しています。

融資の使い道も入学金や授業料にとどまらず学校納付金はもちろんのこと、在学のため必要となる住居費用の支払も認められています。

教育ローンでいくらまで借りられるかということについて解説します。

最初に答えを言うと、各種融資機関によって融資額は異なります。

国の教育ローン(教育一般貸付)は最高でも350万円となっています。

民間の銀行で貸し付けている教育ローンは最大で1000万円程度融資してくれるところもあります。

就学先が医療系の学部であれば、最大3000万円までの教育ローンを組める銀行もあります。

一方、ノンバンクの中には学校提携教育ローンというものを用意していることがあり、提携校によって融資額が変わるほか、直接学校に振り込まれるなど他のローンとは少し対応が変わってきます。

教育ローンの金利について紹介します。

教育ローンの金利は借入する金融機関によって大幅に差があります。

低金利なところだと1%台だったりするのですが、金利の高いところでは10%近いところもあります。

銀行の教育ローンの場合は口座を作ることで金利が低い優遇金利を受けられることもあります。

金利の計算方法は2つの方法があって変動金利と固定金利という違いがあります。

目下のところ低金利の時代となっていますので固定金利の方がリスクがないと思われます。

ろうきん(労働金庫)とは会員が出資し会員へのサービスを目的とする非営利団体です。

銀行や信販会社などのように営利目的で運営されていませんので金利は2から3%台と低く設定されています。

限度額は1000万円から2000万円となっており返済期間は15から20年と長期にわたるのが特徴です。

一般の人でも借りることはできますがろうきん会員には優遇金利が適用されるなどといったメリットもあります。

地方のろうきんだと入学金や学費以外に仕送りや下宿代といった用途も認められている点がユニークです。

教育ローンの返済方法について紹介します。

教育ローンの返済は借りた月の翌月か翌々月から始まることになります。

利息は通常、借りた日の翌日から発生することになりますが、埼玉りそな銀行などは在学中は利息のみでOKとしています。

返済期間についても医療系の就学費用などで最長20年というものがあります。

ですが、返済期間が長引くほど返済金額は大きくなりますので注意が必要です。

教育ローンと言っても借金なので返済シミュレーションで事前に返済状況を確認することをお勧めします。

参考:教育ローンパートやアルバイトでも借りれる?【審査甘い?】

関連ページ