睡眠とお肌の関係

睡眠とお肌は深い関係があります。

睡眠というのは、人間誰でも毎日とっているものですよね。

睡眠をとることは大切なことですし、睡眠をとらなければ生きていくことはできないでしょう。

そんな睡眠とお肌にはどのような関係があるのか、取り上げたいと思います。

肌というのはサイクルがあり、午後10時から午前2時の間に成長ホルモンの分泌が最も多くなるのです。

成長ホルモンというのは、新陳代謝促進作用がありますので、新陳代謝が活発になることによってお肌の生まれ変わるサイクルも正常化することができます。

お肌のターンオーバーが乱れていると、肌トラブルが当然起こりやすくなってしまいますので、成長ホルモンの分泌が活発になる午後10時から午前2時の間は少しでも多く睡眠をとるようにしましょうね。

また、この時間だけ睡眠をとればお肌にとって十分というわけではありません。

できれば7時間以上は睡眠をとるようにする必要がありますし、体のリズムを整えるためには毎日同じ時間に寝ることが理想だと言われています。

できれば毎日同じ時間に十分な睡眠がとれるように心がけてみてください。

睡眠をとる上での注意点としては、なるべく寝る直前には飲酒をしないということです。

飲酒は皮脂分泌を過剰にしてしまうのです。

ニキビが発生してしまう可能性がありますし、血行を促進する作用もありますので眠れなくなってしまう可能性もあります。

しっかりと睡眠をとるためにも、寝る前にはなるべく飲酒を避けるようにしましょう。

このように、お肌と睡眠の関係は深いものがありますので、こういった点に注意しながら質の良い睡眠をとるようにしましょう。