理容師資格取得方法

理容師とは、主に理髪店を営む方が取得している資格です。

整髪・調髪はもちろんの事、顔の髭剃りなどを行う事もできます。

顔の髭剃りは理容師資格を持っていないと行うことができません。

理容師の資格を取得する場合には、受験資格が必要になります。

理容師や美容師の養成施設で昼間課程2年以上・夜間課程2年以上・通信課程3年以上のいずれかを修了した方が対象になります。

この養成施設の入学は高卒以上の方が対象になっていることが多く、中卒者が入学できる学校は限られています。

なお、理容師資格を取得するためには年齢の下限はありません。

試験は、筆記と実技の2項目から成り立っています。

この試験に合格後、免許を申請して都道府県知事より免許証を交付されることになります。

理容師試験は厚生労働省管轄の国家試験で、財団法人理容師美容師試験研修センターが試験を受け持っています。

試験は年に2回行われます。

尚、受験資格を得るために通信課程で理容師に関して勉強される方は、スクーリングが必須になります。

理美容店舗従事者は315時間、店舗非従事者は630時間のスクーリングを受けることになりますので通信課程と通学課程のどちらが効率的に勉強できるかなどを比較されるとよいでしょう。

中卒の方は高等学校に通いながら美容師の勉強をされるという方もいるかもしれませんね。

学校選びとしてのポイントは理容師の資格を取得するほか、メイクの方法やマッサージに関する勉強なども合わせて行える専門学校を探すことをお勧めします。