【借りやすい教育ローンどれがいい?】

教育ローンの受け取り方として一括借
TOP PAGE > 教育ローンの受け取り方として一括借

教育ローンの受け取り方として一括借

教育ローンの受け取り方として一括借入れ型があります。

住宅ローンのように一括で受け取るタイプの融資です。

銀行などはこの一括借り入れ型を採用しています。

一括借入れ型の主な特徴としてローン契約成立と同時に返済金額が決定する事です。

返済計画が立てやすいというメリットがありますが予定以上に学費や生活費にお金がかかってしまった場合、新たにローンを組まなければなりません。

高校生の学費といっても私立高校に通うことになった場合、年間70万円以上もかかることもあります。

学費が払えない場合どのようなことになるか?最悪の場合、除籍や退学をさせられてしまいます。

高校は教育機関のため、一定の猶予が与えられますが3か月以上滞納すると除籍もしくは退学を迫られる可能性がでてきます。

学費が払えないときの解決策となると、借金ということになりますが借入先は慎重に選ばなければいけません。

国の教育ローンを利用すれば世帯年収が低い方でも安心して借りることができます。

カードローン型と呼ばれる教育ローンについてご紹介します。

通常のカードローンとさほど違いはなく限度額の範囲内だったら自分の好きなときに借り入れや返済ができるローンになります。

通常のカードローンとの違いは教育資金以外に使えないことです。

消費者金融や信販会社に多い商品ですがこのタイプを提供している銀行もあるようです。

金額が明確な初年度は一括借入れ型でいくら必要になるか読みづらい2年目以降はカードローン型が利用できる金融機関もあります。

埼玉りそなの教育ローンは「りそな教育ローン」という名前で提供されています。

変動金利なので毎年4月1日と10月1日に金利が更新されます。

2017年12月25日現在の店頭表示金利は2.20%ですが埼玉りそな銀行で住宅ローンを利用している人であれば、割引金利1.80%が適用されます。

最大借入可能額は500万円で返済期間は最長14年です。

最長4年6ヵ月は利息のみの返済も可能で、入学金を払ってしまった後でも3ヶ月以内に申し込めば借入れ可能です。

教育ローンが借りれないという人にはきっと何かしらの原因があるのではないかと思います。

まず、仕事に就いていることが必要となりますので無職や年金受給者は融資を受けることができません。

正社員でなくても借りることはできますが、安定した収入があることを証明しなければなりません。

非正規で働いている人は最低でも2年以上の勤続年数が必須と言えます。

また、年収も200万円以上は必要となりますので、それ以下ですと審査をクリアするのは厳しいと言わざるを得ません。

低い金利として有名な借りやすい教育ローンと言えば年1.76%(固定金利)という金利で銀行や信販会社の教育ローンと比較するととてもお得なのが分かります。

通常銀行で3から5%、信販系で5から10%になるので国のローンが群を抜いて低金利であると言えます。

学費以外にアパート代やパソコン購入費など幅広く多様な使い道に対応可能となっています。

しかし、こちらのローンは低所得者でも学びたい気持ちをサポートするというものになりますので、融資の対象となるのは高校や大学を目指す中学校卒業以上の子供になります。

学生本人が借りやすい教育ローンを借りる手続きをするというのは基本的には無理です。

学費目的であても借金を背負うということですから借主は借金契約ができる人間でなければいけません。

そのために借入をする人が成人であることや安定継続した収入があることが前提となります。

更に現在の職場を辞める予定がないことや家賃、光熱費、保険料などすべてを自分の稼ぎで賄えていることも重要です。

ですから、国の借りやすい教育ローンではなく銀行の借りやすい教育ローンのほうが融資の可能性は高いと思います。

教育ローンを提供している金融機関は銀行をはじめノンバンクなど数多くあります。

その中で特におすすめなのは教育一般貸付いわゆる国の教育ローンです。

銀行などと比較すると最高融資額は350万円と少なめですが、年利はわずか1.76%で固定金利なので安心ですね。

大学や高校のみならず専門学校や各種学校など幅広く対応しています。

融資の使い道も入学金や授業料にとどまらず定期代や賃貸住宅の支払いなど広範囲に認められています。

労働金庫(略称:ろうきん)は会員が出資し会員へのサービスを目的とする非営利団体です。

銀行や信販会社などのように営利目的で運営されていませんので金利は2から3%台となっています。

融資限度額は1000万円から2000万円と、国の教育ローンと比較するとかなり高額でローンの返済期間は15年から20年と長期にかけて返済していくことになります。

ろうきん会員以外の方でも借りることはできますがろうきんの会員であれば優遇金利が適用されるケースが多いです。

地方の労金の場合は入学金や学費以外に仕送りや下宿代なども認められています。

借りやすい教育ローンでいくらまで借りられるかということについて解説します。

最初に答えを言うと、融資してくれる機関によって融資額は全然変わってきます。

国の教育ローン(教育一般貸付)は最高350万円です。

民間で運営している銀行では300万円から1000万円程度となっています。

進学先が医学部や獣医学部などといった医療系の学部であれば、最大で3000万円までローンを組んでくれる銀行もあります。

一方、信販会社は大学や専門学校などと提携している場合があり、提携校によって融資額が変わるほか、直接学校に振り込まれるなど他のローンとは少し対応が変わってきます。

ただいまの時刻








借りやすい教育ローンはあるの?すぐに借りれる?当サイトでは、教育ローンの借り方について分かりやすく解説します。来店不要でネット申し込み可能な教育ローンもあります。

Copyright (C) 2014 借りやすい教育ローンどれがいい?いつ借りる?【すぐ借りれる借入先】 All Rights Reserved.

ページの先頭へ