【借りやすい教育ローンどれがいい?】

教育ローンが借りれないという人はど
TOP PAGE > 教育ローンが借りれないという人はど

教育ローンが借りれないという人はど

教育ローンが借りれないという人はどういう方が該当するでしょうか。

なんらかの原因があるはずです。

まず、仕事についていなければなりませんから無職であったり年金受給者の方は借りれません。

正社員じゃないと借りられないということはありませんが安定した収入があることを証明しなければなりません。

契約社員などの場合は最低でも2年以上の勤続年数が必須と言えます。

年収も200万円以上はないと審査に通るのは困難と言えるでしょう。

教育ローンを比較するならランキングサイトの利用がおすすめです。

いちいち金融機関を回ったり資料請求する必要もありません。

借入可能額や金利などの具体的な数字は一覧表になっていますので、容易に比較可能です。

表の中には、来店する必要の有無やローンのお勧めポイントなどが掲載されていることもあります。

銀行のHPへリンクが貼られていることが多いのでとても便利です。

銀行が貸付する教育ローンは一般的に金利が低い商品が多いです。

ノンバンクのローンよりも融資金額も大きくローンの返済期間も長めに設定されているので余裕を持って返済ができます。

最近はネット銀行も普及しているのでWeb手続きだけで完結する銀行が多くなり利便性も向上しています。

銀行口座がなくても申し込めるローンもありますが口座を持っていると優遇金利を受けられる銀行が一般的です。

また、給与振込や住宅ローン利用でもその銀行を利用していれば金利が安くなる銀行もあります。

教育ローンの返済方法を説明します。

教育ローンの返済は借りた月の翌月か翌々月から支払が始まります。

利息については借りた日の翌日から発生しますが在学中は利息のみの返済でOKというローンもあります。

教育ローンの返済期間については最長で20年まで借り入れ可能というものがあります。

しかし、返済期間が長引けば長引くほど返済金額はどんどん大きくなりますので注意しなければいけません。

教育ローンと言っても借金に変わりないので事前に返済シミュレーションを行い、返済状況を逐次確認することをおすすめします。

教育ローンの受け取り方として一括借入れ型があります。

いわゆる住宅ローンのように一括で借り入れた金額全てを受け取るタイプの融資です。

銀行などはこの一括借り入れ型を採用しています。

一括借入れ型の特徴といえばローンの契約が成立すると同時にあわせて返済金額も明確に分かります。

返済計画が立てやすいというメリットがありますが計画的に融資を使っていかないと、不足した時に新たにローンを組まなければいけないなんてことになってしまうかもしれません。

教育ローンの申し込み方法は郵送で送る方法やインターネットを利用した申し込み方法などがあります。

郵送の場合は先に電話などで申込書を請求してください。

その後書類が届き次第必要事項を記入し、返送してください。

ネットで申請する場合は事前診断コーナーがあるのでまずはそれを利用して借り入れ可能か診断しましょう。

仮審査を申し込むのもWebで行えますし年中無休で受付け可能な点も便利です。

仮審査を申し込む手続きが終わりましたら受付け完了メールが届きますので忘れずに確認しましょう。

教育ローンにはカードローン型と呼ばれるタイプもあります。

通常のカードローンと同じようにカードの限度額の範囲内であれば自由に借り入れや返済を行なえるといったローンになります。

普通のカードローンと何が違うかというと使途が教育資金以外に使ってはいけないということです。

消費者金融やノンバンクに多い商品となりますがこのタイプを提供している銀行もあるようです。

学費がわかりやすい初年度は一括借入れ型でいくら必要になるか読みづらい2年目以降はカードローン型が利用できる金融機関もあります。

労働金庫(略称:ろうきん)は会員が出資しお互いを助けあうために設立された非営利団体です。

銀行やノンバンクなどの営利目的ではありませんので金利は2から3%台と比較的低くめになっているのが特徴的です。

融資限度額は1000万円から2000万円と、国の借りやすい教育ローンと比較するとかなり高額で返済期間は15から20年と長期にわたるのが特徴です。

一般の人でもローンを組むことはできますが労働組合や生協組合などの会員であれば優遇金利が適用されることが多いです。

地方の労金の場合になると、入学金や学費以外にも仕送りや下宿代といった用途も認められている点がユニークです。

借りやすい教育ローンを提供している金融機関は銀行をはじめノンバンクなど数多くあります。

その中でダントツでおすすめなのは教育一般貸付という国の教育ローンです。

最高融資額が350万円と少なめですが、年利1.76%で安心の固定金利なので利息が大幅に膨らむ心配はありません。

大学や高校に限らず専門学校や各種学校など幅広く対応しています。

使い途も入学金や授業料のみならず定期代や賃貸住宅の支払いなど広範囲に認められています。

国が貸し付けている教育ローンをご存知ですか?国の教育ローンは日本政策金融公庫(財務省所管の特殊会社)が取り扱っています。

教育一般貸付(国の借りやすい教育ローン)と呼ばれるローンで、最高350万円(海外留学資金の場合は最高450万円)まで借り入れることができます。

教育一般貸付は年1.76%という低金利のほか固定金利なので安心して利用することができます。

子供の人数や年収によって利用可能な年世帯年収の上限額が異なります。

資金の用途は民間の融資機関よりも幅広く在学のために必要となる住居費用などにも使うことができます。

ただいまの時刻








借りやすい教育ローンはあるの?すぐに借りれる?当サイトでは、教育ローンの借り方について分かりやすく解説します。来店不要でネット申し込み可能な教育ローンもあります。

Copyright (C) 2014 借りやすい教育ローンどれがいい?いつ借りる?【すぐ借りれる借入先】 All Rights Reserved.

ページの先頭へ