【借りやすい教育ローンどれがいい?】

教育ローンを提供している金融機関は銀行をはじ
TOP PAGE > 教育ローンを提供している金融機関は銀行をはじ

教育ローンを提供している金融機関は銀行をはじ

教育ローンを提供している金融機関は銀行をはじめと信販会社など至る所にあります。

その中で最もおすすめなのは国の教育ローンという国で融資してくれるローンです。

最高融資額は350万円となり銀行などと比べると少なめですが、年利は1.76%で固定金利となっています。

大学や高校に限らず専門学校や各種学校など幅広く対応しています。

使い途も入学金や授業料だけでなく定期代やパソコン購入費など広範囲に認められています。

国が貸してくれる教育ローンを知っていますか?国の教育ローンは日本政策金融公庫という政策金融機関が取り扱っています。

教育一般貸付という名称で、最高350万円まで借り入れることが可能です。

金利は年1.76%と低く設定されており固定金利ですので利子の不安は最小限と言えるでしょう。

子供の人数や世帯年収(所得)によって利用可能な年世帯年収の上限額が異なります。

資金の用途は民間の融資機関よりも幅広く受験時の交通費や宿泊費なども認められています。

教育ローンを比較するのであればランキングサイトの利用がおすすめです。

銀行やノンバンクを回ったり電話で資料請求する手間は要りません。

金利や借入可能額など知りたい情報は一覧表になっていますので、容易に比較可能です。

中には、来店の要・不要やローンのお勧めポイントなどが掲載されていることもあります。

ランキングサイトから銀行のリンクが貼られていることが多いので詳細確認や申し込みにも便利です。

学生本人が教育ローンを借りる手続きをするというのは基本的には難しいでしょう。

学費目的と言ってもローンなので借主は貸借契約を結べる人間でなければいけません。

そのためには成人であることや安定継続した収入があることが前提となります。

更に現在の職場を辞める予定がないことや家賃、光熱費など生活費すべてを自分の収入でしっかり支払えているかということも重要になります。

ですので、国の借りやすい教育ローンよりは銀行やノンバンクの教育ローンのほうが融資の可能性は高いと思います。

埼玉りそなの教育ローンをご存知ですか?埼玉りそなの教育ローンはりそな教育ローンというサービスになります。

変動金利なので1年に2度、4月1日と10月1日に金利が見直されます。

りそな借りやすい教育ローン(証書貸付タイプ)の現在の店頭表示金利は2.20%ですが同行で住宅ローンを利用している人は1.80%まで割引金利が適用されます。

最大借入可能額は500万円となっており返済期間については最長14年まで借入可能です。

在学中は利息分のみの返済も可能で、納付金を支払った後でも、3ヶ月以内なら借入れできるなどのメリットもあります。

銀行が貸付する教育ローンは一般的に低金利な商品が多いです。

ノンバンクのローンよりも融資金額も大きく返済期間も長いので余裕を持って返済ができます。

この頃はネットバンクもだいぶ普及してきているのでWeb上で手続きをするだけで完結できる銀行が多くなり利便性もとても向上しています。

銀行口座がなくても申し込めるローンもありますが口座を持っていると優遇金利を受けられる銀行が一般的です。

給与振込や住宅ローン利用でも金利を優遇してくれる銀行もあります。

ろうきんは労働組合や生協などが会員となり出資を行い会員同士助けあうことを目的とする非営利団体です。

銀行やノンバンクといった営利目的ではないので2から3%台の低めの金利が特徴的です。

限度額は1000万円から2000万円となっており返済期間は15から20年と長期にわたるのが特徴です。

一般の人でもローンを組むことはできますがろうきんの会員であれば優遇金利が適用されるケースが多いです。

地方の労金の場合であれば、入学金や学費以外に仕送り代なども認められている点が面白いですね。

教育ローンと奨学金は教育費と言う点では共通ですがそれぞれ異なるものです。

教育ローンは保護者が借主となりますが奨学金は学生本人が借主となります。

借り方にも違いがあり、教育ローンは一括で振り込まれるのですが奨学金は毎月一定額が振り込まれるというものです。

利息についても違いがあります。

教育ローンは借りた日の翌日から利息が発生するのに対し奨学金は在学中には利息が発生しないのです。

返済開始の時期に関してですが、教育ローンは借りた翌月から始まりますが奨学金は卒業後になります。

カードローン型と呼ばれる教育ローンがあることを知っていますか?通常のカードローンと同じように個人に与えられた限度額の範囲内なら自由に借り入れや返済を繰り返すことができるローンです。

通常のカードローンとの違いは使途が教育資金に限られるということです。

ノンバンクや消費者金融などに多い商品ですが一部の銀行でもこのタイプを提供しているところはあります。

学費がわかりやすい初年度は一括借入れ型でかかる学費がよみ辛い2年目以降でカードローン型が利用できるという金融機関もあります。

借りやすい教育ローンの金利を説明します。

教育ローンの金利は融資機関によって差があります。

低金利な金融機関であれば1%台からとなっているのですが、金利の高いところでは10%近いところもあります。

銀行の教育ローンでしたら口座やカードを作ることを条件に優遇金利になる場合があります。

金利の計算方法にも2種類あり固定金利と変動金利というものがあります。

今は低金利の時代になっていますので固定金利の方がリスクが少ないでしょう。

ただいまの時刻








借りやすい教育ローンはあるの?すぐに借りれる?当サイトでは、教育ローンの借り方について分かりやすく解説します。来店不要でネット申し込み可能な教育ローンもあります。

Copyright (C) 2014 借りやすい教育ローンどれがいい?いつ借りる?【すぐ借りれる借入先】 All Rights Reserved.

ページの先頭へ