【借りやすい教育ローンどれがいい?】

教育ローンの金利は金融機関によって
TOP PAGE > 教育ローンの金利は金融機関によって

教育ローンの金利は金融機関によって

教育ローンの金利は金融機関によって大分差があります。

金利が低い融資期間だと1%台からありますが高いところでは10%近いものもあります。

銀行であれば口座やカードを作ることで優遇金利を受けられる場合があります。

金利の計算方法というのが、2種類あり固定金利と変動金利というものがあります。

今は低金利の時代になっていますので固定金利の方がリスクが少ないと言われています。

学校に通うためにアルバイトしているという人でも収入があれば教育ローンで融資を受けることは可能です。

ですが、ローンを組むには条件があり20歳以上の成人になっていないと借してもらうことはできません。

ローン契約には安定継続した収入が必要という条件が設定されていることが多いので勤続年数は長いほど有効とされます。

返済能力もローンを組む上で重要なポイントになりますので最低でも200万円以上の年収は必要になると思っておきましょう。

いずれにせよ、借主が学生自身というのは珍しいことなので奨学金を申請した方が現実的だと思います。

低金利有名な教育ローンと言えば年1.76%(固定金利)という金利で銀行やノンバンクと比べてかなりお得になっています。

銀行の場合3から5%、ノンバンク系であれば5から10%が一般的なので国の教育ローンが存外に低金利なのがわかります。

利用条件として学費以外にも定期代やパソコン購入費など教育に関する目的であれは幅広く利用することができます。

しかし、こちらのローンは低所得者でも学びたい気持ちをサポートするというものになりますので、対象となるのは高校や大学などで学びたいという中学校卒業以上の子供になります。

ろうきん(労働金庫)とは会員が出資し会員同士助けあうことを目的とする非営利団体です。

銀行や信販会社などのように営利目的で運営されていませんので2から3%台の低めの金利が特徴的です。

融資限度額は1000万円から2000万円と、教育ローンとしては結構高額で返済期間は15から20年と長期なのが特徴です。

一般の人でもローンを組むことはできますがろうきんの会員であれば優遇金利が適用されるケースが多いです。

ろうきんの特色として地方の労金の場合は入学金や学費以外に仕送りや下宿代といった用途も認められている点がユニークです。

埼玉りそなの教育ローンについてご説明します。

埼玉りそなの教育ローンは「りそな教育ローン」という名前です。

りそな教育ローン変動金利方式を採用していますので、年に2回金利が更新されます。

現在の金利は2.20%ですが住宅ローンご利用者プランが適用されると1.80%まで割引金利が適用されます。

最大借入可能額は500万円で返済期間は最長14年ですが、医・歯・薬・獣医学部の就学費用に関しましては最長20年、法科大学院は最長16年までとなっています。

在学中は利息のみの返済が可能だったりすでに学費を払い込んだ後でも3ヶ月以内なら借入れ可能などのメリットもあります。

教育ローンが借りれないという人はどういう方が該当するでしょうか。

なんらかの原因があるはずです。

まず、働いていることが貸付要件としてありますので無職や年金受給者は融資を受けることができません。

正社員でなくても融資を受けることはできますが安定継続した収入を得ているということをきちんと証明しなければいけません。

契約社員などの場合は最低でも2年以上の勤続年数が必須と言えます。

年収も200万円以上なければ審査には通らない可能性が大きいでしょう。

借りやすい教育ローンと奨学金はどう違うか知っていますか?教育ローンと奨学金は学問のために借りるお金と言う点では共通ですがそれぞれ似て非なるものです。

教育ローンは借り入れ人は保護者ですが奨学金は学生自身に貸し付けられるお金です。

借り方についても2つのローンには違いがあり、教育ローンは一括で振り込まれますが奨学金は毎月一定額が振り込まれるというものです。

利息についても違いがあります。

借りやすい教育ローンは借りた日の翌日から利息が発生するのに対し奨学金の場合は、在学中には利息は発生しません。

返済開始の時期ですが、教育ローンは借りた翌月から始まるのに対し奨学金の返済は卒業後から開始となります。

借りやすい教育ローンによる融資の受け取り方の1つとして全額一気に振り込まれる一括借入れ型があります。

分かりやすく言えば住宅ローンのように一括でまとめて受け取ることができるタイプの融資です。

銀行が提供している教育ローンの多くはこの一括タイプになります。

一括借入れ型の主な特徴としてローンの契約が成立すると同時に返済金額が確定となる事です。

返済計画が立てやすい一方、追加資金が必要になってしまったときは、新規でローンを組まなければいけないというデメリットもあります。

国が貸してくれる教育ローンを知っていますか?国の教育ローンは日本政策金融公庫(日本公庫)が取り扱っています。

教育一般貸付と言う名前のローンで、最高350万円(海外留学資金の場合は最高450万円)まで借り入れることができます。

金利は年1.76%と低く設定されており固定金利になっているので安心して利用することができます。

子供の人数や年収によって受けられる優遇制度もあります。

融資された資金の使い道は民間の融資機関よりも幅広く入学金や授業料はもちろんのこと、受験時の交通費やパソコン代なども認められています。

大手・地方問わず銀行の教育ローンは一般的に金利が低い商品が多いです。

ノンバンクのローンと比較すると融資金額も大いですしローンの返済期間も長めに設定されているので余裕を持って返済ができます。

最近はネット銀行も普及しているのでWeb上で手続きをするだけで完結できる銀行が多くなり利便性もとても向上しています。

銀行口座を持っていなくても申し込み可能なローンもありますが口座を所有していると優遇金利を受けられるといった銀行が多いです。

また、給与振込や住宅ローン利用でもその銀行を利用していれば金利が割引になる銀行もあります。

ただいまの時刻








借りやすい教育ローンはあるの?すぐに借りれる?当サイトでは、教育ローンの借り方について分かりやすく解説します。来店不要でネット申し込み可能な教育ローンもあります。

Copyright (C) 2014 借りやすい教育ローンどれがいい?いつ借りる?【すぐ借りれる借入先】 All Rights Reserved.

ページの先頭へ