【借りやすい教育ローンどれがいい?】

教育ローンと奨学金の違いをご存知ですか?教
TOP PAGE > 教育ローンと奨学金の違いをご存知ですか?教

教育ローンと奨学金の違いをご存知ですか?教

教育ローンと奨学金の違いをご存知ですか?教育ローンと奨学金は学問のために借りるお金と言う点では共通ですがそれぞれ似て非なるものです。

借りやすい教育ローンは借主が保護者ですが奨学金は学生自身に貸し付けられるお金です。

借り方にも違いがあり、教育ローンは一括で振り込まれるのですが奨学金は毎月ごとに定額で振込まれるのが基本です。

利息についても違いがあり、教育ローンは借りた日の翌日から発生するのに対し、奨学金は在学中には発生しません。

返済開始の時期ですが、教育ローンは借りた翌月から始まるのに対し奨学金は卒業後から返済していくことになります。

教育ローンの申し込み方法は郵送でも申し込めますしインターネットなどで申し込むことも可能です。

郵送の場合は最初に電話などで借入申込書を請求してください。

その後届いた書類を記入後、返送することになります。

インターネットで申し込む場合は事前診断コーナーがありますので数秒で借り入れ可能か診断することができます。

仮審査の申請もネット上で行えますし年中無休で受付け可能な点も便利です。

無事に仮審査申し込み手続きが完了したら受付けた旨のメールが届くはずですので忘れずに確認しましょう。

医大などを目標にしている方は、教育ローンでいくらまで借りられるか?という事が気になりますよね。

いくらまで借りられるかは銀行やノンバンク等によって融資額はそれぞれ異なります。

国の教育ローン(教育一般貸付)は最大限度額が350万円と決まっています。

民間の銀行で貸し付けている借りやすい教育ローンは300万円から1000万円程度です。

進学先が医学部、歯学部などであれば、最大で3000万円までローンを組んでくれる銀行もあります。

一方、ノンバンクは学校と提携しているケースがあり、借りたお金が直接学校へ振り込まれるため、寮費や交通費などに利用することができなくなります。

ろうきんは労働組合や生協などが会員となり出資を行い会員同士助けあうことを目的とする非営利団体です。

銀行や信販会社のような営利目的ではないので2から3%台の低めの金利が特徴的です。

融資限度額は1000万円から2000万円と、国の教育ローンと比較するとかなり高額でローンの返済期間は15年から20年と長期にかけて返済していくことになります。

一般の人でもローンを組むことはできますがろうきん会員には優遇金利が適用されるなどといったメリットもあります。

地方の労金の場合は入学金や学費以外に子供への仕送りや下宿代に利用することも許可しています。

アルバイトしながら進学を目指すという方でも収入さえあれば教育ローンを利用することは可能です。

ただし、ローンが組める人には条件があって20歳以上の成人でないと融資を受けることはできません。

また、融資を受けるには安定した収入が必要となっているところが多いので勤続年数が短いと審査に通り辛くなるかもしれません。

返済能力も審査をクリアする上で重要なポイントなので最低でも200万円以上の収入ないと厳しいかもしれません。

いずれにせよ、借主が学生本人というのはレアケースなので奨学金のほうが融資の可能性があると思います。

銀行の教育ローンというものは、通常、低金利な商品が多いのが一般的です。

ノンバンクのローンと比較してみても融資金額は大きいですし返済期間も長期間にわたるので余裕を持って返済することが可能です。

この頃はネットバンクもだいぶ普及してきているのでWeb上で手続きをするだけで完結できる銀行が多くなり利便性もとても向上しています。

銀行口座がなくても申し込みOKなローンもありますが口座があると低金利の優遇金利を受けることができるという銀行が多いです。

給与振込や住宅ローン利用でも金利が割引になる銀行もあります。

学生本人が教育ローンを借りることは基本的にはできません。

学費目的であても借金を背負うということですから借主は貸借契約を結べる人間でなければいけません。

そのためには成人であることや安定継続した収入があることが前提となります。

更に現在勤めている職場を退職する予定がないことや家賃や光熱費などといった生活費を全て自分の収入で賄えていることも重要です。

故に、国の借りやすい教育ローンに融資を期待するよりも銀行の教育ローンのほうが融資の可能性は高いと思います。

低金利な教育ローンと言えば国が運営している教育一般貸付です。

年1.76%という低金利なので銀行やノンバンクの教育ローンと比べるとかなり安いです。

通常銀行で3から5%、信販系で5から10%になるので国の教育ローンが存外に低金利なのがわかります。

学費以外に在学のために必要となる住居費用や修学旅行費用など色々な教育資金に利用することができます。

ただし、国の教育ローンは世帯年収の上限額が決まっており、融資の対象は義務教育以上の教育を望む中学校卒業以上の子供になります。

教育ローンにはカードローン型と呼ばれるタイプがあることをご存知ですか?普通のカードローンと同じで限度額の範囲内であれば自由に借り入れや返済を繰り返すことができるローンです。

通常のカードローンとの違いは使途が教育資金以外に使ってはいけないということです。

信販会社や消費者金融に多い商品なのですがカードローン型を提供している銀行もあります。

借入金額が明確になる初年度は一括借入れ型でいくら必要になるか読みづらい2年目以降はカードローン型が利用できる金融機関もあります。

埼玉りそなの教育ローンについてご説明します。

埼玉りそなの借りやすい教育ローンはりそな教育ローンという商品になります。

りそな借りやすい教育ローン変動金利なので1年に2度、金利が更新されます。

現在の金利は2.20%ですが同行で住宅ローンを利用している人は、1.80%の割引金利となります。

最大500万円まで借入可能で返済期間は最長14年ですが、医・歯・薬・獣医学部の就学費用に関しましては最長20年までOKです。

在学中は利息分のみの返済も可能で、すでに学費を払い込んだ後でも3ヶ月以内なら借入れ可能などのメリットもあります。

ただいまの時刻








借りやすい教育ローンはあるの?すぐに借りれる?当サイトでは、教育ローンの借り方について分かりやすく解説します。来店不要でネット申し込み可能な教育ローンもあります。

Copyright (C) 2014 借りやすい教育ローンどれがいい?いつ借りる?【すぐ借りれる借入先】 All Rights Reserved.

ページの先頭へ