独歩高とは?

独歩高とは、相場が全体的に低迷している時に、ある特定の銘柄だけが値上がりすることをいいます。

市場は常に動いているものですが、常に全体が同じ方向に動いているというわけではありません。

むしろそういう時だからこそ、逆の方向に動いている銘柄もあるのです。

例えば大きな不況が訪れてしまった場合、基本的に市場は低迷してしまいます。

しかし不況の世の中だからこそ、安さを自慢にしている会社の商品には、大きな需要が生まれる可能性もあります。

そういう企業の株式は、独歩高になりやすいものなのです。

ここまで極端なことは、そんなに多くありませんが、絶対にないというわけでもありません。

独歩高が起きる原因は、その銘柄だけ好材料があるからです。

探してみても見つからないということの方が多いのですが、ふとした時に出てくる可能性があるものです。

最初から独歩高銘柄を狙うということは無理ですが、数少ないチャンスを見つけたら、それを最大限活かせるようにしましょう。

独歩高という言葉自体は、取引において重要なものではありません。

しかし多くの情報を集めている中で、分からない単語があるよりも、内容がしっかり理解できている方が心強いものです。

ちなみに独歩高と同じような意味の言葉として異彩高というものがありますが、最近では使用されていません。

独歩高とは反対に、独歩安というものもあるので、気になる単語があればどんどん調べていくようにしましょう。