白髪染めヘアカラーの種類

現在、白髪染めには非常に多くの種類の商品が販売されています。

非常に種類の多い白髪染めから選ぶことは少し難しいですよね。

そこで、種類に応じた選び方を少しお教えしましょう。

〈ヘアカラー〉ヘアカラーはメラニン色素を脱色させ、染料を髪の内側に浸透させ染め上げるという効果を持っています。

白髪染めの中では最も一般的な種類で、染髪後の色落ちも少なく白髪を長期間しっかり染め上げることが出来ます。

成分には有刺激成分が使用されているので支障の際にはパッチテストを行うようにしましょう。

〈ヘアマニキュア〉ヘアマニキュアタイプの白髪染めは、染料を髪の表面に浸透、コーティングさせ白髪を染めます。

髪の表面だけを染めることから髪へのダメージも少なく手軽に染める事が出来ます。

ヘアカラーに比べ有刺激成分が少なく、ヘアカラーのパッチテストでアレルギー反応があった人でも使用できるものがあります。

ヘアマニキュアは髪の表面に浸透、コーティングするため、ヘアカラーに比べ色あせが早いというデメリットを持っています。

〈カラースプレー〉カラースプレーは一時的に白髪を目立たなくする白髪染めです。

洗髪などで色が落ちてしまうことから、効果は1日程度です。

カラースプレーは本格的に白髪染めを行う事には不向きですが、出先や急な用事などでヘアカラーやヘアマニキュアなどで染髪を行えない場合などに補助的に使用することのできる白髪染めです。

〈白髪染めシャンプー〉白髪染めシャンポーは、毎日のシャンプーで徐々に白髪を染める事ができます。

ヘアカラーのように染髪直後に効果を実感する事は出来ませんが、伸びてきた髪に対してもシャンプーを行う事で日常的に白髪対応を行う事ができるという利点をもっています。